[強震モニタ+地震波形音] nied4maps+MeSO-netSound test

nied4maps-test

2011年3月11日の東日本巨大地震の夜、ネットサーフィンをして情報収集している時に見つけたサイト強震モニタ+地震波形音です。
その日は帰宅難民にならず自宅に帰りつく事が出来、すぐにネット接続しました。
余震で揺れる中、この地震モニターを見付けました。

今どこで地震が発生しているのか、をこのサイトで見る事が出来ます。
揺れている、と感じた時はこのサイトを開きます。
そうすると、震源地が分かります。
揺れは黄色く広がっていきます。
赤から黄色、そして緑と震度が小さくなってきます。
このサイトは、音を聴く事も出来ます。
例えばモニターを注視しなくても、音だけ聴いていれば地震発生を知る事ができます。
地震発生すると通常聞こえている音が大きく活発になります。
PCを離れていても、この活発化した音で地震発生を知る事が出来ます。
音についてですが、非常に心地良い、まるで小さな生き物が大勢で鳴いている様な可愛らしい音です。
このサイトを小さい窓に開いておき、常に音と共に確認する使い方もあります。
日頃、作業をしながら、或いは、部屋の中で調理をしながら、音を大きく設定しておけば、
隣の部屋にまで地震発生時の活発化した音が響き渡ります。
BGMとして音だけデフォルトにしておけば、本を読みながら、勉強しながら、友人と雑談しながら、TVを見ながら
地震モニタリングする事が可能です。

このサイトにはチャット欄もあり、地震に付随した情報を知る事も出来ます。
地震予知などの情報、地震学について知識を持っている人、などが集まっています。
海外での地震発生の情報を書き込んでくれる人もいます。
3.11直後は、常時数百人から数千人がこのサイトを見ていた様ですが、
その後は地震も少なくなり、数十人といった視聴者となっている様です。
しかしまた最近、大き目の地震が起こる様になってきましたので、
視聴者が戻ってきている様に思います。
そういった意味では、情報サイトとしても利用出来ると思います。

今後地震は忘れた頃にやってくると言われていますが、
常に地震に対する情報収集と、どこで地震が頻発しているか、
を把握しておく事は重要だと思います。