専門家の翻訳者が選べる 翻訳会社トランス・ジャパン

翻訳家を目指す人あるいは利用しようと思っている人は過去においていた訳ですが情報が新聞だけで少ない事に原因がありました。
そのために翻訳家を諦める人や利用する人が減りましたがインターネットの発達で様々な情報が得られるようになりました。

ウェブ上に翻訳会社トランス・ジャパンと言う会社がありますが翻訳を目的にしている会社で、実務上の、あらゆる分野を網羅しています。

例えば医薬、法務/契約、特許、機械、IT、半導体、情報、通信、自動車、金融、IR /決算、化学、分析試験、プレスリリース、業界ニュースですが企業や個人でも必要とする分野がありますが、それぞれの分野において専門家の翻訳者を自社に配し個人でも試験に合格する事で得意分野の語学者として登録され、仕事を完成しますと勿論、収入を得られます。

ブロックごとで言いますと外国語のネイティブによる校閲・校正サービス、ウェブサイト翻訳サービス(日、英、中、韓、スペイン、フランス、ドイツ語)、メディアの録音やテープ起し、外国語/日本語の吹き込みサービスや翻訳者派遣サービスがあります。

注文者は、それぞれの分野毎に利用料金が要ります。これらは企業や医師等の実務上に必要な翻訳という事になりますが個人の登録は試験に合格する事で、この会社で収入を得る事が出来るようになっています。
例えば医療の論文は英語で作成しなければなりませんが形式や言語が判らないために発明や発見を報告出来ない事ではどうにもなりませんがサポートがあれば楽々と博士等に慣れる事です。今般、医師の万能細胞の発見がありましたが表現の方式が判らないために外国人医師のサイトからコピーアンドペーストの不正がありましたが、他社にない翻訳者派遣サービスを、この会社で依頼すれば事件とならなかったはずです。

しかしこの発見は根本的に問題がある事から更に話題になりました。

我が国の国民は英語に翻訳するだけでも苦手とする国民が多いですのでルーズなことをしてしまいます。
個人で出来ないのであれば、このような便利な会社が出来ましたので今後利用すると便利ですので世界の話題になる事だけは慎みたいです。